ぼくQ太です♪   
。。初めて犬(コイケル)を育てる新婚夫婦のブログです。。京都の良いところも紹介します^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9ヵ月ぶりの散歩!

先日の診察で、あの出血が播種性血管内凝固症候群(DIC)という危険な診断がついてたことを知りました…。
大変な状態やったと、またまたあとから恐ろしくなったのです


さらに、医療保険の診断書を出そうとしたらあのとき2回した処置が手術と判明。子宮内容除去やから、医療点数は流産手術になるらしい…。
1回は痛み止めも麻酔もなしでやったぞ…。
が、頑張った!と改めて自分に言ってあげたい…


で、昨日は9ヵ月ぶりに、1人でキュータを散歩に連れて行きました(^ー^)
もう産後1ヶ月ちょっと経って体調も良くなったし、昨日から来週までの1週間は母親が手伝いに来てるので久々に散歩に出かけました。
暗くなってからだったので写真は撮ってないけど、しっぽフリフリでご機嫌なキュータ(^ー^)
(誰が連れてっても、しっぽフリフリでご機嫌さんやけどね…)
寂しい思いをさせてきたけど、しばしキュータ孝行に励みます



スポンサーサイト
鬼レベル

毎日、鬼レベルの忙しさです。

旦那は仕事が朝早く夜遅いため、1人で世話に追われてます。
旦那が帰るのが夜10時頃。それから1~
2時間かわってもらい寝てます。

ごはんも家の中で立ったまま食べてたり、トイレ行く暇もなかったり…。

(ブログ更新してないで寝ろよって感じかも(笑))

ひとときの自由時間…といっても30分程度で、どうか泣き出さないようにビクビク祈りながらの30分…(だから寝ろってば)

10ヵ月ぶりくらいに庭に花を!\(^o^)/

うむむ…。


なんか隙間いっぱい。
時間に追われ、ザツな仕上がりですorz

キュータにかまう暇もほとんどなく、おやつでごまかしてます。
だから太ってしまうキュータです



体重

妊娠中、体重が15㎏も増えたんです…(悪阻で減ったぶんを含めれば20㎏は増えたー!)

だけど、出産後2週間で15㎏減ったー!
もとの体重にもどりました。

ほとんど浮腫みやったのかなぁ?
(出血で5キロ以上減ったけど、輸液や輸血たくさんしたし、たぶん浮腫みかな?)

ただ、おなかはまだポッコリ。
しかも子宮ではなく、胃の横あたりがポッコリ。
変なかたちだから、大出血後でもあるんで先生も血腫を恐れてエコーしてくれたら、なんと腸だと!!

腸がこんな上に~!?大腸?十二指腸?
なんでだ、なんでだ。
一応、手術もしてるし、腸閉塞に気をつけて、と言われたけど、毎日快調~(^◇^)

あ、いやいや…。

腸が双子のでかい子宮に押されまくって上がってたのかなぁ?
不思議だ


体重に安心して、おうちに帰って食べたいものを食べました(笑)


鶏肉の上にトマトクリームソース

じゃがいもとパジリコパスタを添えてます。
よく豚バラブロックでしますが、うちに鶏肉しかなかったので鶏肉でしたよ。


あと、塩焼きそばも食べたくて!

テレビでしてたレシピ(モーニングバード)
美味しかったので、また作りたい♪


お好み焼きも食べたくて、旦那に作ってもらいました(^ー^)

どれも入院中は出なかったメニュー。

ああ、毎日美味しいごはん(高カロリー食!)幸せだ。


キュータは脱毛が多いということで、最近毎日服を着せられてます。

この服(パジャマ?)、ほんまに重宝してます!\(^o^)/


退院!

昨日退院しました

月曜日の採血で、ヘモグロビンが8を越えたら退院オッケーだったのですが、めでたくギリギリ8、2でした(^◇^)
やった!!退院だ!\(^o^)/


しかも旦那は仕事なので、ふたりを私1人で抱えて退院。
病院内をタクシー乗り場まで歩いていると、『あれ新生児じゃない?』『双子だ、大変そう~』とか聞こえてきて&見られて恥ずかしかったですが、どうしても!どうしても!おうちに帰りたかったのです(T△T)

昨日は子供も環境が変わったのがわかるのか、二人とも泣きっぱなしで、旦那も夜中の一時まで抱っこして寝かしつけてくれました。

寝ないときは添い乳が一番ですが、二人いっぺんにはなかなか無理です。

授乳は二人いっぺん、『フットボール抱き』という、両脇に二人の頭を抱えています。

添い乳がいらないときでぐずるときは、1人を脇に、1人を胸の上にのせて寝ています。



授乳は1日16回(1人8回)にもなるので、二人同時にして8回にしてます。
一回一時間近くはかかります。

おむつ交換は、1日30回にもなります。

回数にするとすごいです…。
回数の通り、ただひたすら授乳、おむつ交換、寝かしつけの繰り返しです。
そこに夕食準備、洗濯、沐浴、自分のお風呂、お弁当作り、洗い物などしてると、1日があっというまで、睡眠時間も少ないですが、予想より寝れてます。


出産前は『双子が生まれたら寝れないと思っていて下さい』とか『人員確保してください。1人では無理ですから』と、保健師さんや助産師さんに言われていたのですが、前回の退院後もそうですが、予想してたよりしっかり寝れています。
おどかしてもらってたおかげで、覚悟ができてたのかも(笑)

寝返りしたりハイハイしたり歩き出したり、その頃のほうが大変なのかも…。
うむむ…。


キュータは、赤ちゃん泣くとソワソワしますが、相変わらず大人しく寝ています。(暇だから寝るしかないのか?)




同時授乳

母乳もミルクも、時間短縮のため同時です。

ミルクはこんなかんじ。




退院延期

今日は先生から病状説明がありました。

やはりかなり危険な状態だったらしく、先生達も必死で止血してくれたのだそうです。
なので、私に麻酔なんてしている時間的余裕すらなかったそうで、痛みにもだえたけど、命が助かっただけでも有り難いことだったんだ…。

助産師さんも、あれほどの出血は見たことがないと…。
そ、そんなにすごかったのか…。

検査の結果、貧血の改善がまだ遅くて、さらに血液凝固因子の異常が見つかったそうです。
凝固因子の血液製剤(血漿)を多量に輸血したあとでも半分以下の量だったらしく…。

子宮の収縮も良いし、胎盤やらんまくの残りもない、これが一番怪しいのかも。

凝固因子が足りない場合、治療はなく、出血しないように注意するしかないそうです。

でも今まで血が止まりにくいとかなかった。
出産による一時的なものか、膠原病のためか…。

原因がわからないと退院もこわいです。

またいつ大量出血するかと思うと、考えただけでもおそろしい。

双子の顔を眺めながら、二人の成長をずっとこれからも見届けたいし、早く原因もわかって出血も止まってほしいです。





回復に向かってます

大出血のあとはフラフラでしたが、昨日の夕方から管もとれて、赤ちゃんと同室になり、お世話も再開しました。


かなりの大量出血だったことが、あとになって現実感がでてきて、本当に無事で良かったと心底思ってます。

カウントできない出血もあり実際はもっと出てたのだと思います。
後から聞けば、先生もびっくりした量だったらしく、止血処置も、帰った先生が1人かけつけ四人の先生達で当たってくれました。

凝固因子の入った血液製剤(FFP)と血液をたくさん輸血して、子宮の中に風船を入れ、外からも止血し…大変だったようですが、私は頭がボーッとしながらも意識はあり、痛みで『無理です~眠らせて下さい~』と、うなってました

昨日の部長回診でも、部長さんが、神妙な顔で、私の部屋の出口でもしばらく主治医から経過の説明をきいていて、ようやく、大変な状況だったのかと実感して今更ながら恐くなった

回復してよかった…

まだ顔は真っ白で、血の気はひいてますが(笑)、順調にいけば週末には帰れるようです(^ー^)



緊急入院

再び大大大出血…!

ヘモグロビンは一気に5に低下。
3リットルは出たかも。
病院ついても2リットルはでてた。
貧血で脈拍は140代に…

とにかく恐ろしいほどの出血量で、輸血をたくさんしました…
献血を通して血を下さったかたに感謝感謝です。


今はベッド上安静で動けません。

生きて帰れないかも、なんて本気で思ったし、赤ちゃんのことを考えたら涙があふれました。

またもや入院生活です

無事に帰りたい





大量出血!

ちょいとグロテスクなので苦手な方は読まないで下さいm(__)m


昨日、突然のおなかの痛みと大量出血にみまわれました

び、びっくりした

座ってても大量にでてきて、トイレから動けない。
お小水のように、ジャージャーでる。仕方なくトイレから病院に連絡。

主人が帰るまで一時間はある。

主人を待たず、双子を連れて来てくださいと。

双子をチャイルドシートにのせて、運転して行きました。
車を降りて病棟までは、一人はだっこひも、一人は両手で抱っこして、私はパジャマに近い服装…
もちろん、ジロジロ見られました(笑)


病院ついたら、思い出したくもない痛い処置で泣き叫びました。
ようは、子宮口を開いて血をかき出す…麻酔なしで!
う、うそーん!
(゜ロ゜;ノ)ノギャーーーーー!!!





…脱力!


経過は順調だったのですが、こんなこともあるのですね(T△T)

終わった後は、頑張ったご褒美に、アイスクリーム食べたよ。
汗水涙血を流したあとのアイスクリームは旨い!!



まだ出血の恐れあり、とのことで恐いです。
またジャージャー出たら病院行って痛い処置かと思うと行きたくないなぁ。
鉄剤と止血剤はあるものの、昨日の件で貧血がまた進んでいそうです。
子宮収縮剤は血圧が高くて出せないそうで、他に膠原病とかいろいろあるので、処方も難しいそうで、先生困ってました。
しかも、昨日は新たな子宮の病気らしき姿も指摘されました。
前々から怪しいとは思ってたんです。

以前、産婦人科の先生が検査データみて、『内膜症でもないみたいし、なんだろう?』と、つぶやいていたので。

それでも…無事に出産できて良かった。

改めて頑張った子宮に感謝感謝




プロフィール

フラーミン

Author:フラーミン
♡犬名:Q太(オス)
♡犬種:コイケル
♡出生日:2009年 5月 16日
♡出生地:福岡県
♡京都育ち
♡育ての親:旦那、私(フラーミン)



最新コメント



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



お気に入り 修正版



FC2カウンター



RSSリンクの表示



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。