ぼくQ太です♪   
。。初めて犬(コイケル)を育てる新婚夫婦のブログです。。京都の良いところも紹介します^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院後1週間

退院して今日で1週間です。

おうちの食事がおいしくて、もう1㎏も体重が増えました…

病院では3食のほかに、間食をしても、少し減ってたくらいなのですが…
さすが病院食!

昨日は受診でしたが、順調のようです。
相変わらず歩くとかなり息苦しいのと、体重が重くなってひざが痛いぐらいで、大きなトラブルも今のところありません。
息苦しいのも、7ヶ月後半からすでに子宮底長が33センチに突入していて、みぞおちまで子宮に圧迫されてるので仕方ないみたいです。
ひざは…体重増やさないようにしなきゃいけないのですが…モゴモゴ(笑)

次回診察時は、出産方法を説明&相談しましょう、とのこと。
こ、コワイ…。

どう考えていますか?と聞かれ、
う~ん…帝王切開も下からもどっちもコワイです。
下からの場合、二人目がなかなか出てこない場合があるとネットで見ました、と答えました。
先生、そうですね、二人目ちゃんがなかなか出てこない場合はあります。と。
病院によってもさまざまで、双子は帝王切開と決めているところもあります。
二人とも頭位(頭が下)なら、基本的に下からのお産が可能。
一番目が骨盤位(逆子)なら帝王切開です。
私の場合は、1人目が頭位、二人目が骨盤位です。
この場合、下からがよいとか帝王切開がよいとかは、データがそろってなく、どちらが良いかとか言えないそうです。
どちらにせよ、赤ちゃんが一番安全な方法で…これが一番かもしれません。

通院中の大学病院は自然派で、医療的根拠のない帝王切開や無痛分娩、会陰切開はしないとのことです。
といっても、大学病院なので、やはり難しいお産が多いようで、入院中は帝王切開後頑張って歩いているかたが多かったです。

一昨日、同室だったかたが、緊急帝王切開され、無事に1000グラムの赤ちゃんが生まれたと連絡をいただきました。
やはりNICU が満床で転院して出産されたそうです。
また、向かいのベッドのかたは、やはりNICU がいっぱい&より高度な治療が必要で、ドクターヘリで大阪に搬送されたそうです。
また、23週でわずか400グラム代の赤ちゃんを出産されたかたもいらっしゃいました。
入院中は、いろんなお産を見聞きして、小さい体で生むことになってごめんね、と、赤ちゃんを思うお母さんの温かさと、赤ちゃんのたくましさを目の当たりにして、命ってスゴイなぁと、本当に思いました。

キュータにも、そんな思いで生んでくれたお母さんがいるんだよー。

キュータのこと、大事にしなきゃね




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

フラーミン

Author:フラーミン
♡犬名:Q太(オス)
♡犬種:コイケル
♡出生日:2009年 5月 16日
♡出生地:福岡県
♡京都育ち
♡育ての親:旦那、私(フラーミン)



最新コメント



最新記事



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



お気に入り 修正版



FC2カウンター



RSSリンクの表示



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。